柔道整復師ガイド


柔道,整体

専門学校の設備規定



柔道整復師専門学校は、ここ数年で5倍近く急増しました。

厚生労働省はこの養成施設の急増に対して、柔道整復師の質の低下を懸念し、平成12年から養成施設の新設校に対して下記の5項目の規制を設けました。

  1. 柔道場があること
  2. 図書室があること
  3. 実習室に水道設備があること
  4. 基礎医学実習室は、生徒数人を1組として実習が出来るように机、椅子が配置されていること
  5. 付属の臨床実習施設は、その養成施設が教育を目的として設けられた施設であって、その養成施設の教員が直接指導にあたり、実習を行う施設であること

新しくできる養成施設には、これらの設備が整っていることが最低条件となります。

学校選びの際、必ず確認しましょう。

トップへ戻る

柔道整復師専門学校
柔道整復師専門学校
専門学校の現状
専門学校選びのポイント
専門学校のカリキュラム
専門学校の設備規定
専門学校への入学試験
専門学校にかかる学費
柔道と柔道整復師の関係

◎メインメニュー◎
柔道整復師について
柔道整復師の豆知識
柔道整復師になるために学ぶこと
柔道整復師の国家試験について

©柔道整復師ガイド

携帯アクセス解析