高卒 地方公務員 仕事

高卒地方公務員の仕事

高卒程度でなれる地方公務員は、一般的に地方公務員初級と呼ばれています。
地方公務員は国家公務員と違い、地域住民にとってとても身近な存在です。
特に地方自治体で働く職員は、住民の日常生活をサポートするのが仕事です。

地方公務員には、仕事内容の大小にかかわらず適切に対処する柔軟性が求められます。また、仕事へ誠実に取り組む堅実さや、誰に対しても常に公平であることなど、まじめで正しいバランス感覚を持った人材が求められています。

地方公務員は、国民一人ひとりのために働くやりがいのある仕事です!

高卒地方公務員の種類

地方公務員といっても様々な種類の仕事があります。
このサイトでは代表的な地方公務員の仕事を種類別に分け、それぞれの仕事の内容やなり方、試験や受験について説明しています。


高卒地方公務員の難易度

高卒程度の地方公務員は、職種にもよりますが高卒程度の国家公務員と比べると難易度は低いです。(「高卒程度」についてはこちらを参照して下さい。)
それでも簡単というわけではありません。

高校在学中の成績が上位の方でも、少なくとも半年から1年はみっちり勉強しなくては試験に受かりません。また、公務員は人気が高いので倍率は年々高くなっています。

ここでガックリしてあきらめないでくださいね!
地方公務員の試験は、しっかり勉強すれば合格できるレベルだからです。
計画を立てて、がんばりましょう!

おすすめ専門学校・予備校

高校生の進学先として人気の大原学園。CMでも有名ですね。
なぜおすすめかというと、とにかく大原は公務員試験に強いのです!
毎年たくさんの生徒が大原で公務員に合格しています。(実績はこちら
なりたい公務員の種類に合わせてコースが選べて地元の情報にも強いから、地方公務員を目指す人には特におすすめです!


高校生の現役合格を強力にサポートするシステムが整っているのが東京アカデミーです。
東京アカデミーでは、たくさんの高校生が公務員試験に現役合格しています。(実績はこちら
専門学校と違い予備校なので、随時入学できますし、学費が安いのもうれしいですね!