高卒公務員 農林水産・産業育成 仕事

高卒公務員 農林水産・産業育成の仕事

仕事内容

農林水産・産業育成の仕事の難易度・将来性・人気・社会性

農業・林業・漁業・工業などの地場産業の活性化を図り、地域の伝統的な産業を守りながら新たな産業の導入や更新にも力を注ぐのが仕事です。

地域の明るい未来は、産業育成の取り組み方で大きく変わりますからとてもやりがいのある仕事です。

高卒でなれる農林水産・産業育成の仕事は、地方公務員初級になります。

※受験資格・採用試験内容・日程などは各自治体によって異なります。各自治体に事前に確認しましょう。

農林水産・産業育成の仕事への道のり

高校

地方公務員試験(初級)

農林水産・産業育成の仕事

受験資格

  • 受験する年の4月1日の時点で17歳以上の者。
    ※年齢の上限は、各自治体によって異なります。

受験難易度

高卒公務員:農林水産・産業育成の受験難易度

高卒公務員の農林水産や産業育成の採用試験は比較的易しい部類に入ります。学力の高い高校生レベルです。
地方公務員は非常に人気があるので、倍率は非常に高いです。
近年の採用傾向としては、一般知識に合わせて、人柄や対人的知能などを見る個別面接が重視されています。

地方公務員の倍率は、各自治体のホームページの採用ページ内で、「最終結果」「試験結果」「実施状況」などのキーワードで掲載されています。 高卒公務員の場合は、『地方公務員初級』を参照して下さいね!

試験科目

各自治体によって試験科目は異なりますが一般的には以下の試験が行われます。
【1次試験】
  1. 教養試験(一般知識・一般知能)
  2. 適性試験(事務系)
【2次試験】
  1. 面接試験
  2. 身体検査
  3. 作文試験

試験日程

試験日程は各自治体によって異なりますが一般的には下記の日程で行われます。

1次試験:9月下旬
最終合格発表:10月上旬~12月上旬

おすすめ専門学校・予備校

高校生の進学先として人気の大原学園。CMでも有名ですね。
なぜおすすめかというと、とにかく大原は公務員試験に強いのです!
毎年たくさんの生徒が大原で公務員に合格しています。(実績はこちら
なりたい公務員の種類に合わせてコースが選べて地元の情報にも強いから、地方公務員を目指す人には特におすすめです!


高校生の現役合格を強力にサポートするシステムが整っているのが東京アカデミーです。
東京アカデミーでは、たくさんの高校生が公務員試験に現役合格しています。(実績はこちら
専門学校と違い予備校なので、随時入学できますし、学費が安いのもうれしいですね!

高卒地方公務員の仕事