一般知能試験問題集

国家一般職[高卒]・地方初級公務員 一般知能試験問題集 [実務教育出版社]


国家一般職[高卒]・地方初級公務員 一般知能試験問題集 2017年度

公務員試験対策関連の出版で定評のある実務教育出版社から出ている問題集。
国家一般職(高卒)と地方公務員試験の一般知能試験に特化した問題集です。

初級公務員試験は、適性試験と教養試験の2つから構成されています。
そして教養試験は、一般知識と一般知能問題に分かれています。

一般知識は、いわゆる学校で習ったの各教科の問題ですが、一般知能問題は、受験者の知能的な能力を判定するための問題です。
一般知能問題は、どちらかというと知能検査のような感じになっています。

一般知能問題の特色は以下の通りです。

文章理解
文章の読解能力を試す問題です。
1つの問題文を読み、その問題文についての問題が出ます。
数的推理(数的処理)
数字を扱う能力を試す問題です。
数によって物事を考える能力を測定します。基礎的な四則計算や、方程式など中学校程度の数学の応用問題になります。
判断推理(課題処理)
ある条件や場面のもとで問題を判断したり推理するものです。
一般知能問題の中で最も知能検査要素の強い問題が出ます。
資料解釈
数表やグラフなどから結論を導き出す問題です。
資料を正確にとらえ推理する能力が要求されます。


一般知能問題は、問題自体はさほど難しくなく、時間さえあればだれにでも解ける問題ばかりですが、限られた時間内に回答するのはなかなかむずかしく、初級公務員試験の中でも点数がとりずらい問題といえるでしょう。

練習を重ね問題に慣れ、出題形式を理解するのが、攻略の近道になります!