高卒公務員 採用までの流れ

採用までの流れを知ろう

なりたい公務員の種類や試験を実施する自治体によって、日程や試験内容は多少異なりますが、採用までの大まかな流れは同じです。

募集要項をチェック

まずはその年の応募要項を確認しましょう。
その年は採用がない、なんてこともありますので、まずは自治体ホームページの採用ページを確認しましょう。

受験を申し込む
受験申し込み書は自治体の窓口で入手するか、郵送で請求します。
必要書類の準備などもありますので、応募要項を早めにチェックしておきましょう。
最近ではインターネットでの申し込みを受け付けているところも増えてきました。

一次試験
一次試験は筆記試験です。
試験の日程は前年度とほぼ同じなので、日程が決定していない場合は前年度を参考にプランを立てるといいでしょう。
試験の内容は、教養試験、専門試験、論文・作文などです。

二次試験

二次試験のほとんどは面接試験です。
一次試験の1か月後くらいに実施され、ほとんどが個人面接です。

合格イコール採用ではない
公務員試験に合格しても、公務員になれるわけではありません。
最終合格者は試験区分ごとに、採用候補者名簿に名前が記載されます。

採用には人数制限がありますので、合格者が定員を超えた場合、採用は成績順に決まります。
ですから、少しでもいい成績で合格することが大事なのです。

おすすめ専門学校・予備校

高校生の進学先として人気の大原学園。CMでも有名ですね。
なぜおすすめかというと、とにかく大原は公務員試験に強いのです!
毎年たくさんの生徒が大原で公務員に合格しています。(実績はこちら
なりたい公務員の種類に合わせてコースが選べて、国家公務員試験に特化したコースもたくさんあるのでおすすめです!


高校生の現役合格を強力にサポートするシステムが整っているのが東京アカデミーです。
東京アカデミーでは、たくさんの高校生が公務員試験に現役合格しています。(実績はこちら
専門学校と違い予備校なので、随時入学できますし、学費が安いのもうれしいですね!

高卒公務員の試験