高卒公務員 難易度

高卒公務員試験は難関?

不景気が続くと公務員の人気は高まります。
先行きが不安な状況の中で、民間企業での倒産やリストラなどのリスクを考える人が多いからです。そういったリスクの心配がない公務員は安定した職場として人気があるのは当然ですよね。

公務員になりたい人が増える一方、採用枠が増えているかというとそうではありません。
公務員の世界も民間企業と同じようにスリム化が起こっています。
ですから、公務員採用の倍率はどんどん上がっています。

でもがっかりすることはありません!

高卒公務員の場合、受験資格である年齢制限が狭く設けられているため、受験できる人が限られています。そのため、大学程度や社会人枠と比べて、倍率はさほど高くはないのです。

公務員になりたいと考えているなら、大学を卒業してから挑戦するよりも、高卒程度の枠を狙った方が合格する確立が高いのです。

高卒公務員の人気と倍率

公務員にはたくさんの種類の仕事があり、それぞれ試験が異なります。
各自治体のホームページでは、前年度の採用人数や倍率などが発表されていますので、受験したい自治体の試験の状況を把握しておきましょう。

公務員の仕事ごとの人気や将来性、倍率などの説明は、各仕事のページで説明していますので、参照して下さい。

おすすめ専門学校・予備校

高校生の進学先として人気の大原学園。CMでも有名ですね。
なぜおすすめかというと、とにかく大原は公務員試験に強いのです!
毎年たくさんの生徒が大原で公務員に合格しています。(実績はこちら
なりたい公務員の種類に合わせてコースが選べて、国家公務員試験に特化したコースもたくさんあるのでおすすめです!


高校生の現役合格を強力にサポートするシステムが整っているのが東京アカデミーです。
東京アカデミーでは、たくさんの高校生が公務員試験に現役合格しています。(実績はこちら
専門学校と違い予備校なので、随時入学できますし、学費が安いのもうれしいですね!

高卒公務員の試験