公務員試験 受験できない人

公務員の受験資格がない人もいます

誰にでも公平にチャンスが与えられている公務員試験の受験ですが、受験資格がない人もいます。
以下の人は法律で受験資格が与えられていません。

  • 成年被後見人・被保佐人
    精神上の障害により判断能力を欠く状況にある者として,家庭裁判所の後見開始/保佐開始の審判を受けた者。
  • 禁錮以上の刑に処され、その執行を終わるまで、またはその執行を受けることがなくなるまでの者。
  • 当該地方公共団体において懲役免職の処分を受け、当該処分の日から2年を経過しない者。
  • 日本国憲法執行の日以後において、日本国憲法またはその下に成立した政府を暴力で破壊することを主張する政党その他の団体を結成し、またはこれに加入した者。

むずかしい言葉が多いですが、普通に高校生活を送ってきたみなさんには当てはまらないはずですので心配ありません。
公務員は国や地方のために働く職業なので、その点を考慮して任務の遂行が困難な人や不適切な人はは受験資格がない設定になっているのです。


おすすめ専門学校・予備校

高校生の進学先として人気の大原学園。CMでも有名ですね。
なぜおすすめかというと、とにかく大原は公務員試験に強いのです!
毎年たくさんの生徒が大原で公務員に合格しています。(実績はこちら
なりたい公務員の種類に合わせてコースが選べて、国家公務員試験に特化したコースもたくさんあるのでおすすめです!


高校生の現役合格を強力にサポートするシステムが整っているのが東京アカデミーです。
東京アカデミーでは、たくさんの高校生が公務員試験に現役合格しています。(実績はこちら
専門学校と違い予備校なので、随時入学できますし、学費が安いのもうれしいですね!

高卒公務員の試験